トリックアートでいろいろ体験!


 

 6日(土)はランドマークにある横浜トリックアートクルーズに行ってきました。

 トリックアートとは人間の錯覚を利用することにより、「立体的に見える絵画」や「見る角度によって全く違った印象になる作品」、

さらには「中に入ることで錯覚を体感できる作品」など、不思議で楽しめる全く新しいアートのことです

                                                                                                                             (公式ホームページより)

 

 

  今回は電車で移動とのことで、小さなグループに分かれ、中学生・高学年の子たちがリーダーをして小さい子を見るという

小集団行動をすることに挑戦しました。

 中学生が小さい子の行動を見守ったり、自分たちで買った切符を預かったりなどお兄さん・お姉さんらしい姿を見ることができました。

 

 施設内では、アートの世界に入って遊びます。冒険してカヌーに乗ったり、船底でタコに出会って隠れたり、サメに「食べないで―!」というように

歯の部分を抑えてみたり、別のエリアで探検していると、恐竜がお出迎え。

その恐竜から逃げる子もいれば、餌付けしようとして反対に食べられたりと写真に撮ってみると本当に一枚一枚がそのお子様が考えたシチュエーション

での表情が違っていて、私たちも見たことがない発想と新しい一面を見せてくれました。

 

 ランドマークにある、グランモール公園円形広場では大道芸のパフォーマンスを見ることができました。

 初めてみる子が多かったのか、その場にじっと座って見ることができました。

 別の機会にもう一度行ってみたいと思っていますが、その前に感想もぜひ聞いてみたいと思います。

 

 だんだんと涼しくなってまいりましたので、お出かけの場所も紅葉狩りなど秋の散策など季節を大切にした企画をしてまいります。


コメントをどうぞ

CAPTCHA